米国SIMPに関する米国NOAAへの質問と回答

一般社団法人食品需給研究センター  
2017年12月26日現在  


 食品需給研究センターは、水産庁委託「履歴情報システム構築事業」(平成27-29年度)の一環で、米国が2018年1月から始める「水産物輸入監視制度(Seafood Import Monitoring Program。以下SIMP)」の情報収集を行っています。 その一環で、SIMPのwebサイトに掲載された情報からはわからない事項について、NOAAの担当者に電子メールで質問し、回答を受けました。 以下、その概要をまとめます。 なお、現在も質問中の事項があり、回答を受けた場合には随時更新します。





1、SIMPの対象について


Q1-1:水産加工品について、SIMPの対象となるか否かの基準はあるか。例えば鰹節はSIMPの対象か。

回答: SIMP開始の段階で対象となる品目のHTSコードを公開した。
http://www.iuufishing.noaa.gov/Portals/33/SIMP.HTSCodes.pdf
これらのコードに該当する場合、収獲イベントに関するデータの登録なしに輸入することはできない。鰹節は、SIMP開始の段階では、対象ではない。(2017年3月回答)



Q1-2:日本の漁船がマグロを漁獲して米国領グアムに輸出し、すぐに日本に空輸され、日本で消費されるサプライチェーンがある。これはSIMPの対象となるか。

回答: グアムはAutomated Commercial Environment (ACE)が実施されていないため、現時点では対象外。(2017年3月回答)


Q1-3:1回の輸出量が1~2kgなど少量であっても、輸出するごとに、SIMPが要求するとおりのデータ登録や、記録の収集が必要か。

回答: 米国で商用に販売されるすべてのSIMP対象魚種について、漁獲(収獲)・陸揚げデータと、COC記録の提供が必要。展示会用の非売品のサンプルの場合や、一時輸入制度の場合に限り、所定のガイダンスにそって、データセットなしで輸入できる。




2、登録する漁獲・陸揚げ段階のデータ


Q2-1 「Total Weight of Product at Landing/Harvest」とは、その日・その漁港でその漁船が陸揚げした、その魚種の総重量である必要があるか。識別された販売単位の総重量でもよいか。

【シナリオ】
ある日、漁船Aが合計1000kgのクロマグロと500kgのメバチマグロを陸揚げし、漁港にある卸売市場の荷受業者Bにまとめて出荷した。 そして荷受業者Bは、陸揚げ直後に1尾ごとに識別し、別々に販売した。 そのうちクロマグロ1尾(重量100kg)を買受人Cが購入した。 荷受業者Bは、この販売単位ごとに販売記録を作成している。 買受人Cは、このクロマグロ1尾100kgをアメリカに輸出しようとしている。 この場合、Total Weight of Product at Landing/Harvestは1,000kgとなるか。 それとも、荷受業者Bの買受人Cはの販売記録の単位である100kgとしてもよいか。

回答: Total Weight of Product at Landing/Harvestは、最初に陸揚げされ、管轄当局に報告された漁獲物の数量である。そのシナリオにおいては、クロマグロのTotal Weight of Product at Landing/Harvestは1,000kgである。(2017年10月)


Q2-2  Model Catch Certificateにおいては、収獲日を日付フォーマットで、とされている。しかし大きな漁船からの陸揚げは、2~3日にわたって行われる場合がある。

【シナリオ】
ある漁船が一回の航海でカツオを500トン漁獲し、同じ漁港で1日目に300トン、2日目に200トンを陸揚げしたとする。そして、米国に輸出する水産製品は、2日目の200トンの一部に由来すると仮定する。この場合はどう報告すべきか。

回答: 漁船からの陸揚げや、養殖施設における収獲が複数日にわたる場合は、複数の日付を報告することが可能。ただし陸揚げ日ごとの重量が必要。そのシナリオの場合は、2日目の日付と陸揚げ量(200,000kg)を報告する。(2017年12月回答)



3、輸入業者が保管する記録(COC記録など)について



Q3-1 日本国内の事業者が作成するCOC記録のコピーをアメリカの輸入業者に提供するとき、その記録の言語は日本語のままでもよいか。

回答: 米国の輸入業者が(日本語のような)外国語に通じているのであれば、COC記録は外国語でもよい。その輸入業者は、NMFSによる監査を受ける際に、その記録の外国語を訳して説明することになる。 米国の輸入業者が外国語に通じていないのであれば、外国のサプライヤーは英語に訳した記録を提供することができる。(2017年3月回答)