1. ホーム
  2. テーマ別サイト
  3. 宮城県産カキのトレーサビリティシステム開発・実証検討事業のご紹介

宮城県産カキのトレーサビリティシステム開発・実証検討事業のご紹介

宮城県産養殖カキのトレーサビリティシステムの開発・実証検討事業について

この事業は、農林水産省補助事業「平成14年度安全・安心情報提供高度化事業」の1つとして、社団法人食品需給研究センターが宮城県漁連、志津川町漁協、鈴幸水産、みやぎ生協の参加・協力を得て実施したものです。

成果の概要

開発と実証試験の成果概要については、以下の文書をご参照ください。

宮城県産カキのトレーサビリティシステムのご紹介(pdf形式、2ページ)

報告書(増刷版)を販売しております。ご希望の方はお問い合わせください。


なお、実証試験実施に至る経過については、以下の文書をご参照ください。

宮城県産養殖カキのトレーサビリティシステム実証試験の開始について(平成15年1月10日)

「第3回ワーキンググループ会議兼システム講習会の結果について」(平成14年11月29日)

「実証検討委員会第1回会合の結果について」(平成14年9月12日)

消費者用検索画面へのアクセス方法

宮城県漁業協同組合(旧みやぎ漁連)の「宮城県産生かきトレーサビリティ情報システム」のページからアクセスできます。

また、みやぎ生協のホームページ(http://www.miyagi.coop/)や、参加している加工業者のホームページからも共通の画面にアクセスできます。
なお、検索を行うには、パックに記載された「消費期限」と「パック番号」の入力が必要です。

お問い合わせ

食品需給研究センターは、宮城県産カキのシステム開発を行った経験を生かし、トレーサビリティシステムの導入のために必要な、調査・構想立案・情報システム設計等の業務を承ります。
お問い合わせ先はこちらのページをご覧下さい。

一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960