1. ホーム
  2. サービス
  3. プロジェクト実績
  4. 多様な流通における米の取引動向調査

多様な流通における米の取引動向調査

事業期間 平成20年度
委託元 農林水産省総合食料局食糧部計画課
事業概要 米の流通については、計画流通制度が廃止され、流通規制が大幅に緩和された中にあって、これまで流通の主体となっていた全国出荷団体の取扱いシェアが低下する一方、生産者直販等の全国出荷団体を経由しない取引が増加している。このため、本事業は、生産者直販等を含めた米の生産から消費に至る多様化している流通段階ごとの取引価格等の実態を的確に把握するため実施した。
成果品 「多様な流通における米の取引動向調査報告書」
・表紙、目次、調査の目的と方法
・第1章 生産者及び米穀取扱業者の直接販売価格等の動向
・第2章 小売価格の動向
・第3章 外食事業者等の仕入価格及び仕入動向等
・報告書全体
公開の可否 報告書による公開
関連ページへの
リンク
「多様な流通における米の取引動向調査報告書」のページ

プロジェクト実績のページへ戻る

一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960