1. ホーム
  2. 6次産業化の取組をサポートする
  3. 経営支援の方法「経営課題抽出シート」

経営支援の方法「経営課題抽出シート」

 6次産業化事業の経営発展を支援するにあたり、経営要素を分解して「経営課題抽出シート」を作成した。その大項目は、@商品力、A市場戦略、Bコミュニケーション、C生産・製造のこだわり、Dビジネスモデル、E成長戦略、F経営指標、G地域連携軸の8つから構成されている。煩雑で多岐にわたるが、農林漁業者が既存の2次産業や3次産業に参入し競争していくためには、市場の捉え方、ものづくり、市場戦略、経営管理の仕組みや手法について理解し、ビジネスモデルを築いていく必要があると考えられる。

 この「経営課題抽出シート」を統一的なツールとして活用し、ボランタリープランナーを派遣し、経営診断を実施した。その結果報告書を作成し、事後評価を行った。この一連の工程及び成果についての記録は、後日、検証できることが重要であり、経営診断活動の技術向上に寄与するものと考えられる。


「経営課題抽出シート」(1.8MBpdf)  平成24年度「経営診断促進事業」より

「経営支援のあり方」(0.4MBpdf)  平成24年度「経営診断促進事業」より


平成24年度農林水産省食料産業局補助事業「経営診断促進事業報告書」



↑ページトップへ

一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960