1. ホーム
  2. 食品流通ビジネスモデル
  3. 平成20年度新技術活用ビジネスモデルの実証

平成20年度 新技術活用ビジネスモデルの実証

 

「新技術活用ビジネスモデル実証」実施主体は、電子タグ等の新技術を活用した食品流通のビジネスモデル(最適な活用方法、費用対効果、事業者の役割分担、運用ルール等)を実証しました。

平成20年度は、以下の3団体が採択され、実証を行いました。 なお、実施主体の採択は農林水産省が行いました 。

  • T-Engineフォーラム
  • 株式会社TKRビジネスサポート
  • 東北デルモンテ株式会社

事業の成果

事業計画概要(2008年7月)

実施主体 対象品目 対象範囲 新技術の活用
@電子タグの種類
A電子タグの使用法
実証するビジネスモデル
T−Engineフォーラム ・青果物(多品目) パッケージセンター

物流センター

スーパー店舗への納品
@ 電子タグ(アクティブ)
A 通い容器に内蔵した電子タグが、卸売市場や物流センターに設置する基地局と定期的に交信することで、情報システムが通い容器のロケーション(位置情報)を把握する。
・ 卸売市場等での青果物(通い容器)のロケーション管理手法
・ その手法を適応することによる物流・流通管理の効率化
・ 温度履歴、流通履歴を中心としたトレーサビリティ情報の管理

【お問い合わせ】T-Engineフォーラム 事務局次長 峰岸(みねぎし)  

TEL:03-5437-2354

株式会社TKRビジネスサポート ・乳製品(1品目)
・こんにゃく加工品(1品目)
加工センターからの出荷

物流センター

スーパー店舗への納品
@ 電子タグ(パッシブ、ラベル)
A 商品と通い容器の両方に貼付し、物流センターなどの各拠点においてハンディリーダー/ゲート型リーダーで読み取る。
・ 物流管理の効率化
・ 商品と通い容器のトレーサビリティ実現・ 受発注情報と納品情報の「見える化」を実現する情報センターの構築

【お問い合わせ】株式会社TKRビジネスサポート 事務局 中川(なかがわ)

TEL:03-3437-3001

東北デルモンテ株式会社 ・加工用りんご 生産者の出荷

農協・集出荷業者

ジュース工場
@ 電子タグ(パッシブ、ケース入)
A 鉄コンテナやプラバケットなどに貼付し、各拠点においてハンディリーダーで読み取る。
・ 原料の流通履歴の管理
・ コンテナやプラバケットの流通管理・ 工場内での在庫及びロケーション管理

【お問い合わせ】東北デルモンテ株式会社 高里(たかさと) 

TEL:0195-23-3351

※実施主体の採択は農林水産省が行いました。
※平成20年6月末段階の実施計画をもとに作成しています。なお、農林水産省の許可を得て変更される場合もございますので、ご了承ください。

↑ページトップへ

実証事業概要(平成20年11月)

3団体の中間報告をもとに、今年度実施中の実証事業の概要を紹介する資料を作成しました。

報告書(平成21年3月)

各団体が作成した「新技術活用ビジネスモデル実証事業報告書」をご覧になりたい場合は、上記の各団体の担当者へ直接お問い合わせください。

なお、食品需給研究センターがまとめた 「平成20年度 新技術活用ビジネスモデル検討委員会報告書」の第3章には、各実証事業の概要と委員会の評価結果等が記述されています。


一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960