1. ホーム
  2. 食品流通ビジネスモデル
  3. 新技術活用ビジネスモデルの実証

新技術活用ビジネスモデルの実証

平成22年4月27日更新

 

「新技術活用ビジネスモデル実証」実施主体は、電子タグ等の新技術を活用した食品流通のビジネスモデル(最適な活用方法、費用対効果、事業者の役割分担、運用ルール等)を実証しました。

平成21年度は、以下の3団体が採択され、実証を行いました。 なお、実施主体の採択は農林水産省が行いました 。

  • イフコ・ジャパン株式会社
  • 東京都水産物卸売業者協会
  • 株式会社三菱総合研究所

 

事業の成果

事業計画概要一覧

平成21年6月末段階の実施計画や第1回流通効率化推進協議会資料をもとに作成した3団体の事業計画概要の一覧です。計画が変更され実際の内容と異なる場合もありますので、予めご了承ください。>>>リンク(PDF形式)

実証団体による報告書

各団体が事業の成果として「新技術活用ビジネスモデル実証事業報告書」を作成しています。この報告書については、以下に示す各団体の担当者へ直接お問い合わせください。

なお、食品需給研究センターがまとめた報告書(公開準備中)には、3つの実証事業の概要紹介と評価結果が納められています。

イフコ・ジャパン株式会社

課題名

「電子タグ付レンタルコンテナを用いた流通業務の効率化」

中間報告資料

中間報告会発表資料(抜粋)をダウンロードできます。>>>リンク(PDF、1.1MB)

問い合わせ先

イフコ・ジャパン株式会社  http://www.ifco-jpn.co.jp/

〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目29番6号 浜松町セントラルビル

TEL03-5401-7431 FAX 03-5401-7430   担当者:目良 彰、渡部 将人  

東京都水産物卸売業者協会

課題名 

「卸売市場(水産物)におけるICタグ活用による物流効率化実証」

中間報告資料

中間報告会発表資料(抜粋)をダウンロードできます。>>>リンク(PDF、0.7MB)

問い合わせ先

東京都水産物卸売業者協会

〒104-0045 東京都中央区築地5丁目2番1号 東京都中央卸売市場築地市場内

TEL 03-3541-0107 FAX 03-5565-4922   担当者:中 幸雄

株式会社三菱総合研究所

課題名 

「通い容器および書き込み可能な大容量タグを用いた卸売市場を核にした地場農産品の物流コスト削減と付加価値向上〜卸売市場を核とした地産地消ビジネスモデルの確立〜」

中間報告資料

中間報告会発表資料(抜粋)をダウンロードできます。>>>リンク(PDF、1.4MB)

問い合わせ先

株式会社 三菱総合研究所  http://www.mri.co.jp

〒100-8141 東京都千代田区大手町二丁目3番6号

TEL 03-3277-0554 FAX 03-3277-3466   担当者:福田 亙、佐藤 守

↑ページトップへ

一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960