プロジェクトの成果

プロジェクトの成果物を紹介しています。ご自由にダウンロードしてご活用いただけます。

輸出水産物トレーサビリティシステム基本構想

「輸出水産物トレーサビリティシステム基本構想」は、輸出される可能性のある水産物を扱う各事業者がトレーサビリティに取り組む際の基本となる文書です。各事業者が、この基本構想に基づいてトレーサビリティに取り組むことで、漁獲・養殖から輸出までのトレーサビリティが確保されます。

輸出水産物トレーサビリティシステム基本構想

(平成28年3月暫定版)

平成27年度は養殖水産物を検討対象とし、暫定版として発行しました。

平成28年度は海面漁業・内水面漁業の水産物を対象とし、検討を実施しています。 (平成29年3月完成予定)

別冊 情報管理システム基本仕様

(平成28年3月暫定版)

事業者間で電子的に情報伝達を行う場合には、基本構想に基づいて作成した「別冊 情報管理システム基本仕様」を参考に、各事業者等が情報システムを整えることにより、業務の効率化や追跡・遡及の迅速化を図ることができます。

上記の文書は水産庁のホームページでも公開されています。http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/export/traceability.html

「基本構想」に沿ったトレーサビリティプランのひな型

代表的な業種のトレーサビリティプランのひな型です。これを見本にして自社用にアレンジすればトレーサビリティプランを簡単に作成することができます。

  • 準備中

「基本構想」のチェックシート

「基本構想」のうち、自社のできているところ、できていないところを確認することができます。

  • 準備中

取組事例レポート

「基本構想」や「情報管理システムの基本仕様」に近い取り組み事例の紹介です。

  • 準備中