1. ホーム
  2. 食品のトレーサビリティ
  3. プロジェクト
  4. 「鶏肉トレーサビリティシステム導入の手引き」の作成
trace_teamlogo

農林水産省補助事業 食品トレーサビリティシステム普及のためのプロジェクト

「鶏肉トレーサビリティシステム導入の手引き」の作成

平成20年7月28日更新


「鶏肉のトレーサビリティシステムガイドライン策定委員会」において、鶏肉の生産、食鳥処理、荷受、小売までのトレーサビリティを確保するために、各事業者が行う識別や記録等の要件を示したガイドラインの内容や普及の仕方等について検討が行われ、「鶏肉トレーサビリティシステム導入の手引き」が作成されました。

作成された文書

策定のねらい

「鶏肉トレーサビリティシステム導入の手引き」は、平成18、19年度農林水産省補助事業の一環として、鶏肉の生産から消費に至る関係者で組織した委員会で検討を重ね作成しました。
鶏肉トレーサビリティシステムは、(1)食品の安全確保への寄与、(2)情報・表示の信頼性の向上(消費者の鶏肉への信頼性確保)、(3)生産流通に携わる事業者の責任の明確化、(4)業務の効率性向上への寄与等を目的としております。鶏肉のトレーサビリティとは、生産、加工および流通の特定の一つまたは複数の段階を通じて、鶏肉の移動を把握できることです。

本手引書は、生産者、食鳥処理業者、卸売業者、小売業者の各事業者が鶏肉のトレーサビリティに取り組む際の基本事項や記録等の要件を分かり易くまとめております。これから導入しようとしている事業者の方、また、既に導入している事業者の方にも参考資料として活用していただければ幸いです。

構成(「鶏肉トレーサビリティシステム導入の手引き」本文“目次”より )

はじめに
1 本手引書の適用範囲
2 トレーサビリティ等の定義
3 トレーサビリティシステム導入の目的
4 トレーサビリティシステム導入にあたっての留意点
5 識別と対応づけ
6 各段階における情報の記録・保管・伝達
7 トレーサビリティ情報の記録・保管の期間
8 トレーサビリティシステムの検査・監査
9 消費者への情報提供のあり方

ご意見・ご質問

「鶏肉トレーサビリティシステム導入の手引き」についてのご意見・ご質問をお受けします。

↑ページトップへ

平成19年度 鶏肉のトレーサビリティシステムガイドライン策定委員会

委員会規約 (pdf形式)

委員名簿 (pdf形式)

委員会の経過

  • 第1回委員会(平成19年6月26日)

議題

 ・ガイドライン原案について

 ・その他

議事要旨(pdf形式)

  • 第2回委員会(平成19年9月6日)

議題

 ・ガイドライン案について

 ・その他

議事要旨(pdf形式)

  • 第3回委員会(平成19年10月30日)

議題

 ・ガイドラインの内容について

 ・その他

議事要旨(pdf形式)

  • 第4回委員会(平成20年1月16日)

議題

 ・ガイドラインの内容について

 ・その他

議事要旨(pdf形式)

  • 第5回委員会(平成20年2月27日)

議題

 ・ガイドラインの内容について

 ・印刷物の配布先および方法について

 ・その他

議事要旨(pdf形式)

↑ページトップへ

平成18年度 鶏肉のトレーサビリティシステムガイドライン策定委員会

委員会規約 (pdf形式)

委員名簿 (pdf形式)

委員会の経過

  • 第1回委員会(平成19年2月14日)

議題

 ・ガイドラインの内容検討について

 ・その他

議事要旨(pdf形式)

  • 第2回委員会(平成19年3月14日)

議題

 ・ガイドラインの内容検討について

 ・各段階の記録管理項目について

 ・その他

議事要旨(pdf形式)

↑ページトップへ

一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960