地理的表示申請に必要な調査の公募について

1.事業の趣旨

  日本各地には、長年にわたって地域で生産されてきた伝統野菜、動物の遺伝子資源、これらを活用した食文化。伝統文化、高い付加価値を持つに至った地域ブランド産品などの地域資源が数多く存在しています。
地域の産業振興を図るために、これらの地域資源について、地理的表示(以下「GI」という。)の円滑なGI申請を促進するため、申請に必要な地域産品の特性と地域との結びつき等を説明した明細書や、生産行程管理業務規程を作成する際に必要となる調査等を支援する。


2.事業の概要

  事業実施主体である一般社団法人食品需給研究センターが、GI申請に必要な調査等を行う生産者団体を公募・採択して事業を実施します。

   

  具体的には、特性に係る成分分析等、社会的評価の立証調査、特性と地域の結びつきに係る調査、実態把握に必要な調査、上記に係る検討会の開催について、その要する経費の1/2以内を補助します。

   
  
3.公募での補助金の額

  平成29年度予算額 6,750千円(1件あたりの補助金の上限は原則500千円とする。)


4.公募期間

  平成29年6月上旬~平成29年10月31日(火)(予算がなくなりしだい終了)

  
5.応募方法
   

本事業に応募しようとする場合はGI申請に必要な調査等実施規程(以下「実施規程」という。)に基づき、応募書類を作成し、下記の応募先へ提出してください。

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 一般社団法人食品需給研究センター 公募係 宛て

   
・実施規程等


 【参考】

 地理的表示保護制度活用総合推進事業実施要領.pdf(0.5MB)


 農林水産物・食品輸出促進対策事業補助金交付要綱.pdf(0.3MB)


 農林水産物・食品輸出促進対策事業実施要綱.pdf(0.04MB)


・応募書様式




6.応募書類提出部数

提出部数:6部


     
7.問い合わせ先
  

一般社団法人 食品需給研究センター 米澤・山口・関根・江端 03-5567-1991

月曜~金曜 10時~17時(正午~13時は除く)

     
8.審査方法
  

実施規程に基づき、提出された応募書類について審査委員会による審査(書類審査)を行います。
審査の基準は次に掲げるとおりです。

①実施計画が事業の目的に照らして適切なものであること。
②対象産品がGI申請書の特性や地域との結びつき等の立証に有効な結果が期待できること。
③実施計画に基づき確実に実行できること。
④事業実施経費の積算内訳が適切であること。
⑤実施計画に基づき確実に実行できること。
⑥対象産品がGI申請の要件に照らし合わせて妥当であること。
⑦GI申請書の提出スケジュールが明確になっていること。
⑧GI申請書類等の作成を委託するものでないこと。


9.その他
   

審査過程において、資料の追加等を求める場合があります。    
本公示に記載のない事項については、実施規程によるものとします。


        
pageTop

平成29年度 地理的表示保護制度推進事業は、一般社団法人食品需給研究センターが農林水産省補助事業の一環として進めています。

Copyright © 一般社団法人食品需給研究センター All Right Reserved.